FC2ブログ

Latest Entries

不在のお知らせと雑談です

DSC06080 (2)

お疲れ様です。

不在のお知らせです。
3月14日(土) 終日不在となります

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願い致します。

こんな時期ですから、気楽な雑談を失礼します。
新型コロナウイルス流行による影響は周知の通りです。
大変なことが起こりつつあると感じながらも、行きついた結論は
手洗いの徹底 
よく食べ、よく寝て、細かいことは気にせず、元気でいる事
それでも風邪を引いたら潔く休む
この3点でした。
皆様も体調には十分ご注意いただきお過ごし下さい。

病院の方ですが、今のところ体調不良者はおらず、通常通りの診察を行っております。
食事や薬の欠品もございません。

写真一番上は我が家の黒猫みーちゃんです。
みーちゃんのお話はこちらをクリックどうぞ↓
みーちゃん
みーちゃんはこういう切羽詰まった時代には持ってこいのほんわか猫です。
どんな時もマイペース、みんなからどんなに馬鹿にされても気にしない。
最近は、白猫さんたくんに相撲を申し込まれて、毎日「はっきよ~い」と二人で組み合って相撲を取ってます。
二人とも、何考えているかサッパリわかりません。
そんなみーちゃんも15歳、ついに私の息子(6歳)を許容しまして、撫でられるまでになりました。
先日の健康診断も異常なく、元気で過ごしてもらいたいものだと思う今日この頃です。
こんな時だからこそ、みーちゃんのように平常心で、通常通り過ごしたいと思います。
時間があるときは猫と遊び↓
DSC05823 - コピー
DSC06032 - コピー
平常心を保ちたいと考えます。

最後に、私事で申し訳ありませんが、いちお告知だけさせて下さい。
今年もカブトムシの幼虫たちが順調に育ち、冬眠も成功し、越冬しました。
昨年のカブトムシ↓
IMG_8209 (2)
カブトムシ屋を開業いたしますので、ご興味ある方はいつでもお声がけ下さい。
無償にてお譲りします。
4月に本格的始動 6月さなぎへ 7月成虫へというスケジュールです。
昨年は多くの方にご好評頂き、たくさん里子に出すことができました。
成虫お渡しでは大きめ、小さめ、茶色濃いめなどをお選び頂けます。
私的お勧めは幼虫お渡しです。
何故なら、幼虫→さなぎ→成虫の全てが自分の目で確認できるからです。
あの、カール君がクロワッサン風のさなぎになり、立派な成虫になる。
実に感動します。

最後に14日(土)のお休みは息子の卒園式出席の為です。
今のところ、屋外で実施する予定のようです。
4月の小学校入学式もどうなるのかなと思いつつ、健康をお祈りする毎日です。

スポンサーサイト



野生にかえる日

DSC06052 (3)

寒暖差が激しい今日この頃、お変わりなくお過ごしでしょうか?

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

本日は、内容が思いつかないため雑談です。
気軽な気持ちでお読み頂けたら幸いです。

私が私である原点みたいな出来事で、30年前ですが、昨日のことのように感じるお話です。

小学校から帰宅したら自宅の軒下からすずめ(こども)の鳴き声が聞こえます。
軒下をのぞくと鉄格子の向こう側に確かにいる。
屋根のあたりに作った巣から軒下に落ちたのでしょうか、完全にまずい状況です。
自慢の怪力で鉄格子を開き、待つこと数分すずめちゃんが出てきました。
ここで一件落着と思いきや、このすずめちゃんまだ小さすぎて飛べない・・・。
飛べないすずめちゃんはお母さんすずめ探して、道路の方へまっしぐら(小走りで)。
道路は車が走っている、非常にまずい状態です。
私はすぐに身を呈して車を止めて、小走りに走るすずめちゃんを道路の中で何とか確保
これがなかなか捕まらず、焦るわ、焦る。
今、思い出しても小学校の自分が一人でようやったわと思います。
無事に捕獲したすずめちゃんを鳥かごに入れて、ひな用のご飯を与えても一切口を開かず。
「かあちゃん、かあちゃん」と鳴くばかり。
鳥かごを見つめ、どうしよう、このままでは弱ってしまうと考えていたら、窓ガラスの向こう側に大人のすずめがいる。
しきりにこちらに何かを訴えている。
そうです、お母さんすずめがいるのです。
感動のあまり、涙が出そうになりました。
再会!しかし・・。
冷静になって考えて、お母さんすずめに渡しても、巣には帰れない。
私も巣がどこにあるのか分からない。
すると、お母さんすずめに
「私がごはんをあげるから」と言われたような気がしました。
そこで、鳥かごに入れたまま、すずめちゃんをベランダに出して、その横に白米を置いて私は待ちました。
すると、すぐにそのお母さんすずめは白米を口にくわえ、鳥かごのすずめちゃんに口移しで与えたのです。
嬉しそうに食べるすずめちゃん、二度目の感動到来。

こうして、すずめちゃんが飛べるようになるまで、10日くらいだったかな、ごはんを毎日運んでくれました。
そして、いよいよ野生にかえる日がやってきました。
鳥かごの中で飛行訓練を重ねたすずめちゃんはすっかり羽ばたけるようになりました。
私は、電線でこちらを見ているお母さんすずめを確認した後、すずめちゃんの鳥かごのドアを開けました。
すずめちゃんは勢いよくかごから飛び出し、おかあさんすずめまでまっしぐら。
その後、二人は仲良く飛んでいきました。

30年前、小学校の多感な時期にこの経験は深く私の中に刻まれました。
生き物とは何なのか、愛情って何なのか、親子って何なのか、生きるって何なのか。

必死にすずめちゃんを救出しただけでなく、野生にかえるまでのすべてが奇跡のような出来事でした。
当時の私には、すのすべてが光り輝いていたように思いえます。
ありがとう、すずめちゃん親子。
今の私がいることは、あなたたちのおかげ。

写真は、仲良く外の小鳥を観察する二人組。
この風景をみるたびにすずめちゃん親子を思い出します。

どうか平和な日々がこれからも続きますように。






日向ぼっこに乾杯

IMG_8820 - コピー

今日は昼間予定していた手術がキャンセルになり、看板猫さまたちの写真を撮影する時間がございました。

リアルタイム はるくん なっちゃん
IMG_8832 - コピー
IMG_8828 - コピー

日向ぼっこではるくん爆睡中
はるくんの穏やかな表情を見ていると大変癒されます。

日向ぼっこは猫様の気持ちを幸せにすると思います。
それくらい猫は日向ぼっこが好き!

日向ぼっこをする理由
猫は寒さがそこそこ苦手な動物のため日向ぼっこで太陽の温かさを得ています。
日向で寝る事で、体力が維持され、ストレス発散にもなると言われています。
まさに日向ぼっこに乾杯。

こんな風にゆっくり時間が過ぎていく猫たちは本当に素敵。
我が家の日向ぼっこ風景 4人組↓
DSC05545 (2)

いろいろ心配事が多い世の中です。
そんなときは猫様をみてリラックスするようにしています。

シリーズ ~私は怒らない~


いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

今日は猫様をどうか怒らないで下さいというシンプルなお話です。

私は猫を怒ったことがありません。(たぶん)
猫は犬と違って人に従う意思は一切ありませんので、人に怒られるということが理解できないのです。
怒られてシュンとなっても、怒られた事案には反省せず、ただ人が怖いと思うだけだど考えています。
現実的に猫を怒って物事が根本的に解決することはないだろうとも考えています。

このブログをお読み頂いている方の多くは愛猫様を怒ることはないだろうとは思います。
しかし、猫を怒ってしまったというお話はたまにお聞きします。
起こる理由の一番多いものがオシッコをトイレ以外の場所でするというものです。
今日はそのこと(トイレの失敗)を怒らずに済む方法を私なりの考えでお話させて頂こうと思います。

多くの方が去勢や避妊手術を行えば、オシッコの失敗はしないものだと考えいますがそうでもないのです。
猫は隙があれば(理由があれば)オシッコを簡単に失敗するのです。
理由
1 トイレが汚いよ
2 イライラするよ
3 ここに気になる臭いがするよ
4 膀胱炎よ

だいたいこのくらいでしょうか。
4は病気なので置いといて、つまるところ、ストレスを感じればオシッコを失敗するのです。

野良猫をリサーチすれば、同じところでオシッコする猫はほとんどいないのです。
それを、四角い箱の中で、毎度毎度オシッコしてくれるのは本当は実にありがたいことだったのです。
そのありがたみを忘れたり(こまめにトイレを綺麗にしない)、猫にとって嫌なことがあったりすれば、「ええい、違う場所でしてしまえ」ということになるのです。

「猫に困ったことをされてしまったときは、猫を変えようとはせずに、私が変わる、そして周りの環境を変える」
これは、どんなときも私の鉄則です。

トイレを失敗されてしまったら
1 トイレを綺麗にする、トイレの数を多くする
2 なにかストレスがないか考える よく遊んであげる 猫の話をきいてあげる
3 一番上の写真で乗り切る

3 ここに気になる臭いが・・・(写真)
そうなんです、写真の扉の中は靴箱なのです。
靴は外の世界の臭いがいっぱい、家の中の安全を守るためにはここはおいらの臭いをつけとかないという心理でオシッコをかけるようになりました。
この猫の心理を変えることは絶対にできません。

そこで私が考えたのがペットシーツを養生テープで貼って「どうぞ、さんた様、して頂いて結構です」的な環境を作りました。
そしたら、ちゃんと的に命中している。
私はこれを見ると思わず人間の作戦勝ちだなっとニヤッとしてしまいます。
ペットシーツは安価だし、養生テープだから扉は痛まない。
「さんたくん、どんどんしてくれたまえ」と心は余裕です。(笑)

私は猫の困ったことをこんな風に解決しています。
ご参考になればと思います。

ちなみにオシッコを失敗してくれる下手人はこちら↓
DSC06191 (2)

こんな風に我が家には困ったことをしてくれる猫たちがいっぱい。
訳あって、6人の猫様たちの団体生活。
一家に猫様は3人までの決まりを超えた人数で生活しておりますので、ちょっとしたいざこざは日常茶飯事。
今後もこういったことをどう乗り切ろうしているのかご報告出来たらと思います。

前回の記事に不在のお知らせを投稿しました。
ご確認頂きますようお願いします。
また、働き方改革の一環で、私は日曜、祝日、水曜お休み、勤務時間は朝9時15分から19時までとなりました。
ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。

不在のお知らせ と雑談



いつも大変お世話になっております。
本日は不在のお知らせです。

1月25日(土) 不在 息子の発表会のため
1月30日(木) 不在 小学校入学説明会のため

院長による診察は通常通りとなります。
ご迷惑おかけしますがよろしくお願い致します。

雑談を失礼します。

私がお休みを頂くのは子供がらみが全てです。
毎回で申し訳ないのですが、一児の母としての任務をご理解頂けますと幸いです。
はぁ、息子はもう小学校か、さんたは今年10歳か、子供の成長も、猫の成長もあっという間です。

写真上は私が今までの人生の中で一番好きな写真で、何回か投稿していると思います。
ポロと優香ちゃんです。
今は亡きこの二人の表情を見ていると涙が出てきます。
猫同士の愛情は深い、人間など入る余地もないと思います。
今頃二人で天国のお花畑で一緒に暮らしているでしょう。
そして次に好きな写真がこちら↓
DSC00369 - コピー
ポロといっちゃんです。
こちらも深い愛情で繋がっておりました。
いっちゃんもお空の上ですから、今頃ポロちゃんの奥さんの座を優香ちゃんと争っているでしょう(笑)

日々、ポロちゃんたちを始め、いろいろな方々、いろいろな猫様、家族、仲間に支えられて生きていることを実感している私。
日々、感謝です。ありがとうございます。

息子の幼稚園でインフルエンザが蔓延し始め、学級閉鎖になった模様です。
皆様もご体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。
今のところ、我が家は全員元気です。
健康は本当にありがたいと毎日思う今日この頃です。