FC2ブログ

Entries

不在のお知らせとGWの日程と雑談です



いつもブログをお読み頂きありがとうございます。
本日はお知らせです。

<不在のお知らせ>
4月22日(木) 終日不在 

息子の行事(授業参観、懇談会等)のため、終日お休みとなります。
ご迷惑おかけしますが、よろしくお願い致します。

<GWのお知らせ>
病院の診察は、祝日の場合、午前中のみ行っております。
ですので、4月29日、5月3日、4日は午前中診察となります。
しかし、私の場合、祝日はお休みの勤務条件のため、お休みとなります。
が、入院のお世話等もありますので
5月4日のみ、出勤となります。
これまた、ご迷惑おかけしますが、ご理解いただきますようお願いします。

さて、雑談です。
春だ、交通安全ですというお話です。
私は、3月25日、臨時でお休みとなりましたが、実は出勤途中に事故に遭いました。
信号を無視した車に衝突され、人生3回目の救急車に乗ることになりました。
車は大破しましたが、CTなどの検査結果、全身打撲以外の所見はなく、翌日から出勤しました。
事故は、突然起きるもの、改めて思い知らされました。
皆様、どうかお気をつけ下さいませ。
全身打撲も思ったよりは早めに治りましたが、一週間くらいは車の運転は怖いし、体も痛いしで・・・。
ちなみにお相手の方は、盗難車を運転していたため、車をおいて、走って逃走、現在も捕まっておりません。
こんなことってあるんだという気持ちと、奇跡的な軽傷を幸いと思い、前向きに捉えています。
20210414_141657.jpg
大破した車の残骸です。
現場検証の時に、寂しく現場に残されていましたので、拾って宝物にしています。
車は廃車となりましたので、これしか手元に残りませんでした。
私の命を救ってくれた車、感謝しかありません。
前向き思考なので、別段、病んではいませんが、車の運転は気をつけなければならないと肝に銘じました。
自分が交通ルールを守っていても、相手が守らない時もある、その気持ちが足らなかったのだと思います。

後遺症もなく、元気に過ごしている今日に感謝です。
いつの時も、どんなことに対しても感謝の気持ちを忘れず、謙虚な気持ちで頑張ろうと思います。

補足
人生3回目の救急車に反応した方へ
1回目 幼稚園児の時に鈴カステラを喉に詰まらせて窒息、救急車へ
みなさん、鈴カステラは丸くて危険です!
2回目 小学校の修学旅行先で二段ベットの上からコンクリートの床へダイブ
誰にも気づかれず、数時間後に血だらけの状態で発見され救急車へ
これはいろいろな人に迷惑をかけました。
何故、二段ベットから飛び降りたのか記憶がありません。
ですので、二段ベットはお勧めしません。

私はこのように、実に多岐にわたる経験をして生きてきました。
言い換えれば、多くの方へ、特に両親に心配と迷惑をかけて来たのだと思います。
そんな私が一児の親となるも、シングルとなり、親に孫の面倒をみるという多大なる労力を追わせることになりました。
両親は「家族だから当然だ、孫は座敷の花っていうじゃないか」とありがたい言葉を掛けてくれます。
普通に仕事ができるのも両親、そして、皆様、周囲の皆様のおかげです。
先日の交通事故でも真っ青な顔でかけつけた両親の顔を忘れられません。
ちなみに事故直後に電話した電話口の院長の「マジで?」という第一声も忘れられません。

祝日はそんな両親を休ませるために必要な休日となります。
お休みが多いことでご迷惑をおかけしますが、ご理解頂けますと助かります。
今後もよろしくお願い致します。

スポンサーサイト



猫の小話 4



いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

本日は猫の能力の一部、真似をするについて、お話します。

猫の能力 記憶力に関しては過去の記事をご参考下さい↓
http://natsumiharuhiko.blog.fc2.com/blog-entry-108.html

結論からすると、猫は他猫の行動を真似することができ、また人間の行動もまた真似することができるのです。

我が家の真似っこ事情をご報告します。
写真一番上の猫 ご存じすずちゃんです。
すずのお話はこちらをご覧下さい↓
http://natsumiharuhiko.blog.fc2.com/blog-entry-155.html

すずちゃん。野良猫時代の癖で壁にマーキングをすることがまれにありました。
そしたら、それを見ていた男の子たちが
「すずちゃん、そのオシッコの仕方、かっこういいね」
と一人、また一人と真似をして、今では困ったことに男子全員がマーキングをすることを覚えてしまいました。
写真をみると、すずちゃんのバックにペットシーツで防御している壁が見えますか?
ここが、みんなのマーキングポイントになってしまったので、このような形になっています。
すずに文句を言ってみてもこの表情
DSC_1104.jpg

そして、もう一つが、さんたくんのノックの話。さんた↓
DSC_1234.jpg

私と息子は、寝るときは扉を閉めます。安全の問題です。
夜、一仕事終えたさんた(息子の父親代わり)が扉にノックをする、私が気づく、扉を開けるとなってました。
さんたと親子水入らずの時間を大切にするために、夜はさんただけを入れるようにしてました。
他の猫たちは、深夜にさんたしか入らない魅惑の部屋が気になってしょうがない。
同じように扉の前に待ってみても、にゃあと泣いてみても、カリカリしてみても開かない。
さんたのノックの仕方は独特なので、私には扉の向こうにいるさんたが確実に分かりました。
次第にみな、諦めるようになりました。
しかし、執念の女、ふくこは違いました。ふくこ↓
DSC_0820.jpg

ふくこは、私が好きなので、私と寝たい、その気持ちが抑えきれず、毎日、毎日、考えてました。
ある日、いつも通り、さんたのノックの音 扉を開けてみる
そこには、花が咲いたような明るいふくこがいました。
「にゃあ-」と鳴いて、部屋に入り、おおはしゃぎ。
そうです、ふくこはさんたのノックの仕方をマスターしたのです。
どのように扉をノックしたら、扉が開くのかを学習したふくこ、恐るべし。
割をくったのがさんたです。それ以降、親子水入らずの時間が半減しました。
あいにく、さんたはちょっとのんびりな猫なので↓
DSC_1326.jpg

猫はいろいろあって面白い、毎日人と同じような感情のやりとりがなされています。

このように、自分にとって都合のいいことは、真似をすることができるのですが、訓練すれば、人が右手をあげれば、猫が右手をあげるという真似ができるそうです。
そこまでは、やっていませんが、是非、挑戦してはいかがですか?
右手をあげたら、右手をあげる、それこそ、格好いいではないか。
我が家の男子諸君、マーキングもいいけど、高い能力を発揮してみたらどうかねと話してみる今日この頃です。

カブトムシ屋のお話



お疲れ様でございます。
いつもありがとうございます。

本日は副業(?)のお話です。
昆虫が苦手な方はごめんなさいという内容となります。

私はカブトムシマスターです。
過去の記事にも数回載せてきましたが、養殖のプロとも言える次元に入っております。
猫のお話も永遠にできますが、カブトムシのお話も同じくらいできます。
そのくらいカブトムシのことが大好きです。

息子の要望により始めたカブトムシへの道、昨年は過去最高の70匹以上の孵化に成功し、多くの方へと里子に出しました。
里子として引き取って頂いた皆様、この場をお借りして御礼申し上げます。
「先生のカブちゃん、元気に暮らしているよ」とお声がけ頂くことが幸せでした。

カブトムシの養殖のポイントは全部で3つ
卵から幼虫(お菓子のカールくんと同じ見た目)へ 幼虫の冬眠 幼虫から成虫へのさなぎと脱皮
どの段階も非常に繊細な気配りが必要となります。

そして、今年も春がやってきて、昨日、恒例カブトムシの冬眠明けを確認しました。
元気に全員、冬眠成功、無事に長い冬を乗り越えました。
カールくんの状態で、冬眠に入り、冬眠中は起こしてはいけないので、外からは確認できません。
寒くないように、乾かないように、気を配りながら、やっと冬が終わりました。
一安心です。

昔は大の苦手だった、カブトムシの幼虫カールくんの見た目、今は愛しさまで感じます(完全に変人です)
カブトムシの最大の魅力は、見た目の変化、ごま粒の卵から、カールくん、そしてこの成虫です
IMG_8205 - コピー
この変化を自分の目で見られる、カブトムシの養殖は最高の趣味と言えましょう(笑)

しか~し、今年はカールくんの数を制限しました。
昨年、カブトムシの夫妻を作らず、オス、メスをわけて飼育し、卵の数を調整、なんと全部で15匹です。
ですので、残念ながら、今年のお渡しはごく少人数となるかと思います。
何故、制限したかというと、昨年、里子に出すたびに息子に泣かれたからです。
息子「僕のカブちゃんを連れて行かないで~」
私「カブちゃんの養育費が結構かかるんだから、里子に出すの」
このやりとりを繰り返すことに切なさを感じたためです。
それに、昨年の70匹はやりすぎ感が否めず、家族からも若干冷ややかな目で見られました。
最後のステップ、成虫に成功したらまたご報告します!

このままでは、趣味がカブトムシの養殖という怪しい獣医師で終わってしまうので、その他の趣味を少しだけ。
趣味1
エレクトーン演奏、小さい頃から続けていましたが、このほど二年前から息子もエレクトーンをはじめ親子共通の趣味になりました。
MOV_1328_000009.jpg
その他の趣味
ブラックコーヒーのがぶ飲み
ママチャリサイクリング

昔の趣味(コロナにより断念)
卓球(見るのもするのも好き) 旅行

こんな所でしょうか、今年も頑張って、カブトムシを育てるぞ!




不在のお知らせです

DSC00369 - コピー

本日もブログをお読み頂きありがとうございます。

今日は、不在のお知らせです。

3月13日(土) 午後不在となります

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願い致します。

今週は震災10年ということもあり、元気に暮らせることに感謝を感じる毎日です。
ある日、当たり前の日常が奪われる悲しみと苦しみを思うと胸が痛みます。

夜、布団に入るたびに、猫らを小脇に抱えて寝れる幸せを実感します。
そして、自分の健康、家族の健康に心の底から感謝しています。
たわいもない話で笑える日常に、本当に幸せを感じます。

皆様が、ご家族様が平和に過ごせますように心よりお祈り致します。


猫の日なので



お疲れ様です。
いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

ここのところ、時間があまり取れず、ブログの更新ができずにすみません。
本日も中身のない内容となりますことをお詫びします。

できれば、猫の日(2月22日)に写真だけでもと思いましたが、実現せず本日の投稿となりました。

写真(一番上)は、先日の地震の翌日のさんたくんです。
特に、被害はなかった我が家ですが、揺れはそれなりにありました。
根がビビりなさんたは、地震で怯え、その夜は怖くて眠れませんでした。
ちなみに夜泣きした・・・。
徹夜あけのため、目の焦点が合わず、うつろな表情です。
地震の対応は、個々様々、我が家でも平気な猫もいました。

夜泣き組
さんた すず ぞう 
爆睡組
ふく もも みー

こんな感じでした。

この写真をみて思うこと、さんたってなんでこんなブサイクなんだろう。
同じ白猫、ブルーアイでも可愛く仕上がった猫ちゃんはたくさんいます。
さんたの仕上がりが残念でありません。
ちなみに仕上がり前↓若大将だった頃
sanntakunndesu.jpg
仕上がり前が生後四ヶ月くらいで、この写真はちょうど一歳の頃↓さくらんぼの鈴がギリギリセーフなお年頃
DCIM0532 - コピー
今ほどではないですが、すでにブサイク路線に入ろうとしている・・・。
さんたくん、人相はさておき、我が家ではこの哀愁漂う表情と真面目な性格で皆から愛されてます。
もちろん、私も大好きです。

最後に、数日見えない敵(地震)と戦い続けたさんたを癒やす老猫ぞうちゃん(もうすぐ18歳)↓
ii.png

ぞうちゃん、ありがとう。
優しい時間が過ぎていきます。

寒暖差が激しく体調不良の猫様も増えております。
ご体調には十分お気をつけ下さいますようお願い致します。