FC2ブログ

Entries

遅延のお詫びです

DSC05761 (2)

日頃よりブログをお読み頂いている皆様ご訪問ありがとうございます。
「楽しみにしているよ~」とお声がけ頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

皆様のお支えのおかげで、投稿数100を超えました。
三日坊主の私がここまで続けてこれたのも、猫様、皆様のおかげです。

しかし、ここへ来てしばしスランプ?到来。
更新が滞り申し訳ありません。

できるだけ早く投稿できるよう頑張りますのでよろしくお願い致します。

「書けない時は書けないんだよね~」とさんた(写真)に相談する私。
さんた「僕の失敗談でもネタにしたら」
私「そだね、星の数ほどあるもんね」と話をしながら夜更ける日々でございます。
スポンサーサイト



耳で分かる猫の気持ち

DSC05754 - コピー

本日は猫の耳について雑談です。

過去記事で耳の素晴らしい機能については記載しております。
是非、ご一読下さい。↓耳の話をクリック
耳の話

そして、本日は我が家の猫が登場します。
我が家の猫については過去記事↓
自己紹介をご参照下さい。

本日は耳の話の中でも記載した、猫の気持ち、精神状態が耳の動きで分かりますよという雑談めいたお話でございます。
お気軽にお読みください。

最近、我が家では近所で飼われている外猫たちが頻繁にお庭に遊びにくるようになりました。
我が家の猫は完全室内猫、お外には出しません。
外猫と交わることはないのですが、家の安全を守るセコム猫さんた(写真)は大忙し。

外猫と向かい合っている写真↓
DSC05751 - コピー
*窓ガラスが汚くて申し訳ありません(息子がシール貼り放題)

この写真の左がさんたくん、右がふくこちゃんです。
どちらが精神的に余裕があるか分かりますか?
そうです、耳の形から分かるのです。
耳が前方に向かってピンとたっている右側ふくこちゃんは冷静に威圧している感じですが、耳が後ろに寝て姿勢を低くしているさんたくんはビビりまくりなのです。
家を守る大黒柱なのに、相手に対して「僕は戦うつもりはありません」と耳で言っちゃってる。
一番上の写真がその耳倒れ写真のアップなのです。
ベットに隠れてるし・・・。
一方のふくこちゃんの自信に満ちたアップ写真↓
DSC05753 - コピー
さらに猫が近づいてきても↓
DSC05749 - コピー
ふくこ「森へおかえり、この先はあなたの住む世界じゃないの」 ナウシカより引用
みたいに強気です。

さんたはつくづく弱い猫だなぁと痛感した一連の出来事。

なので今月は安全強化月間の為三人で見守り↓
DSC05760 - コピー

この三人の写真も、自信たっぷり左のふくこちゃん、家内安全とか意味わからない真ん中のももだ、何かにおびえている右端のさんたと背中にも気持ちが滲み出ちゃってる。

我が家のボス猫=みんなを守る猫は代々 ポロ→ぞうちゃんと受け継がれ、ぞうちゃんの跡を継いだのがさんたなのです。
ぞうちゃんがさんたを指名したのですが、ぞうちゃんの見込み違いで、さんたはケンカも弱く、気持ちも弱かった。
しかし、さんたは頑張ってます。

思い起こせば、いかなる時もポロちゃん↓は耳が後方に倒れることはない強い猫でした。
DCIM2275 - コピー

そんな強いポロも誇りに思いますが、さんたなりに頑張っているので、私はさんたも誇りに思います。
ビビりでもそれでいい、わがままでもそれでいい、猫は猫らしく、自分らしく生きればいいと思っています。

耳から分かる、猫の気持ち、皆様の猫様はどんな耳の動きをしておりますか?
是非、観察してみて下さい。
隠れた気持ちが分かるかも・・・。

蛇足ですが、映画「風の谷のナウシカ」をご存知ですか?
森へおかえり・・・はナウシカの名言として知られております。
私はまるきしナウシカ世代です。
小学生の時、映画館でみたナウシカへの感動、今でも忘れられません。
今も昔も強い女性ナウシカに憧れ、映画をビデオで見ること100回以上、辛いときも、悩んだ時も風の谷のナウシカは私を救ってくれました。
息子にもそんな心を動かす映画に出会ってほしいなぁと思う今日この頃です。

ご報告

IMG_0094 - コピー

看板猫最高齢のチャチャさんが、天国へ旅立ちましたことをご報告します。
たくさんの方々に気にかけて頂きまして本当にありがとうございました。

チャチャの思い出話を少しだけ失礼します。
チャチャは2000年頃生まれ、猫好きな女性に愛されて育ちました。
15年、その女性が体調を崩され、当院に一時預かりの形で居候しておりました。
しかし、女性が天国へ旅立たれまして、行くあてのないチャチャを我々が引き取ることになりました。
それから、チャチャは看板猫として一生懸命働きました。
そんなチャチャを温かく迎い入れたのがなつみちゃんでした。
チャチャに対するえげつない嫉妬心からチャチャを追い込むはるくん
そんなはるくんから身を呈して守ったのはなつみでした。
(はるくんは縄張りが気になってしょうがない猫なので悪気はないのです)
そんな、こんなで猫三人で病院を切り盛りすること2年、病気は突然やってきました。
命の危機をなんども乗り越えましたが、7月天国へと旅立ちました。
前日まで、ごはんを食べましたし、院内の見回りをしてくれました。

ありがとう、チャチャ、本当にお疲れ様でした。

私はあなたが天国へと旅立った時は涙が止まりませんでしたが、一つだけ安堵することがありました。
それは、あなたが小さいときからあなたを愛した本当の飼い主さんと天国で再会できるからです。

一人になって2年、チャチャは一生懸命生き抜きました。
胸をはって天国で逢えるでしょう。

私はたくさんのことをチャチャから学びました。
これからもそのことを診療に活かしていきたいと思います。

逆境にめげずに、最後まで頑張ったチャチャ、安らかに。

そして、チャチャに声をかけて頂いた皆様、チャチャを知って頂いている皆様
本当にありがとうございました。