fc2ブログ

Entries

子猫時代と今



いつもブログをお読み頂きありがとうございます

今日は雑談投稿です

猫も子猫時代の面影を残すものだろうかと
過去の写真と今とを単純に比較したものです

さんた
13歳 現在我が家のリーダー
根は優しくて、みんなのお兄たん
PXLsasRTRAIT.jpg
子猫時代のさんた
shukushousann.jpg
sannkonn.jpg
写真の一番上もさんたの赤ちゃん時代
お鼻からお口にかけてが子猫の時からさんたらしい

ももとふく
双子の兄弟 12歳
もも こう見えて男
PXmomoo2.jpg
ふく 女
PguPORTRAIT 2
左が赤ちゃんふくこ 右がももちゃん
momohuku.jpg
D112.jpg

こう見ると、ふくちゃんは面影残して
というか、子猫の時代と顔が変わらない


もちこ 1歳 女 
誰よりも偉くなった現在
PXmochi2.jpg
子猫もちこ
202mo.jpg
額のM模様がまんま成長で面白い
大人になったらキジトラの色が
濃くなった

すず 男 5歳
さんたと会えばケンカ
PXLsz4~2

拾ったばかりのすず 1歳くらい?
DSC05897 - コピー

拾ったのが大人だったので
そのまんま
しいて言えば、太った?すずという感じ

みーちゃん
19歳 男
20230825_074024~2 2
生後半年頃のみーちゃん
PA0_0005.jpg

みーちゃんは子猫の頃から
顔が変わらない
面影というより、子猫の時から
みーちゃんそのまんま

なっちゃん
14歳 女 病院看板猫
PXnaRTRAIT.jpg
1歳ころのなっちゃん
IMG_0224 - コピー
なっちゃんも変わらない
なっちゃんのまま
カメラ目線にならないところがなっちゃんらしい

写真で見る猫のいろいろでした







スポンサーサイト



漢方サプリメントのお話

PXLgg2 2

いつもブログをお読み頂きありがとうございます

本日は、漢方サプリメントのお話です

治療は、
西洋医学(悪い部分を投薬や手術によって治療する)に基づくものと
東洋医学(体の不調を内側から治すために、自然治癒力を高める治療)に基づくものに
大きく分けられます

通常、我々が治療に当たる際には
基本的には、西洋医学に準じて行うことがほとんどです

しかし、病気なる前から、体力を高めることに取り組み
病気にならないようにする、という東洋医学の考えは
十分価値があり、今の西洋医学のサポートにもなりうるのではないかと
私自身は考えております

ということで、東洋医学で用いる漢方薬サプリメントの
取り扱いを始めました

写真一番上のはるくんの前にあるクアンポーシリーズ(源気・三仙など)を
取り扱うことに致しました

東洋医学に基づいた、シャンプーなどのスキンケア用品
おやつ、食事なども順次取り扱いを始める予定です

ご興味ある方は、ぜひ、ご相談下さい

雑談です

患者様とお話していたときにポロの名前が上がりました

ポロ
私の人生を大きく変えた猫
ポロは私の原点

猫とは
優しくて、奥深い、愛情あふれる素晴らしい動物であり
常に前向きで、生きることに全力で
仲間を大切にし、触れるものに癒しと幸せを与える
そんな存在であることを私に教えてくれたのがポロ

ポロ↓
DSC03416 - コピー

みんなから信頼され、愛されたポロ
DSC00467.jpg
DVC00120.jpg
DVC00101.jpg

特にポロは情緒が安定していて
ポロだからできた、テラスで日向ぼっこ↓
DSC_0974 2

ポロの自信に溢れた顔
DSC_1301~2 2

患者様のおかげで、随分ポロのことを思い出しました

ポロに恥じない人生を送りたい
それが私の目標です






新年のご挨拶

P23RT2

いつもブログをお読み頂きありがとうございます

気がつけば、1月の半ば、ご挨拶が遅れて申し訳ありませんでした

昨年中は、大変お世話になりました
本年も、皆様のご期待に添えるよう
精進して参りますので
よろしくお願い申し上げます

厳しい寒さが続きますので
皆様、猫様、ご家族様
体調崩されぬようお過ごしください

皆様、猫様、ご家族様にとって
幸多き一年になりますよう
お祈り致します

写真は、ナデナデを待っている顔のもちこ(1歳 破天荒な女の子)

年始に、大震災、飛行機事故などが発生し
心を痛めると同時に
健康と平和に心から感謝する毎日となりました

被災された皆様に
1日も早く穏やかな日々が訪れますよう
祈るばかりです

私事ではありますが、母が骨折入院したため
年末は非常に慌ただしく終わりました

仕事は、休むことなく対応できましたが
息子を職場に連れてこなくてはならず
ご迷惑をおかけしたかもしれません

幸い、お正月に退院できました
日常生活に支障はありますが
家に母がいるだけで、息子や猫たちが落ち着き安堵しております

年始の様子
さんたとみーちゃん
PXL_20240101_042721490~4 2
この二人は、母が不在でも特に変化なし

ふくこ
Phkg3 2
こちらもマイペースなので変化なし

すず
PXxsd2 2
生活環境が変わったことに戸惑い、夜泣きが増

もちこ
PXmm2.jpg
こちらも戸惑い、甘えん坊将軍となる

もも
PXjkh2 2
ももちゃんが一番影響あり
夜に母と秘密のおしゃべりをしていたらしく
それができなくなって、ストレス性血尿となる
一番母に依存していた事が判明
血尿は、治療に反応し、完治

母は、一昨日の再診で、骨折部分がだいぶ安定したと言われ
私はとりあえず心に余裕ができました

家族の健康ってありがたい

当たり前に過ごせる毎日に感謝して
今年も元気に過ごしたいと思います

また、一家の大黒柱として
明るく、いつでも前向きでいたいと思います

今年もどうぞよろしくお願い致します
















Extra

プロフィール

なっちゃん、はるくん

Author:なっちゃん、はるくん

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR