fc2ブログ

Entries

水をよく飲むようになったら・・・の話

DCIM2511 - コピー

いつもブログをお読み頂きありがとうございます

本日は、「昔より、水をたくさん飲むようになりました」は
病気の始まりかもしれませんのお話です

猫とお水のお話は過去にも何度かさせて頂きまして
お水のお話↓
http://natsumiharuhiko.blog.fc2.com/blog-entry-74.html

過去の記事にも書きましたが
猫は、動物の中でも「喉乾いた!」感覚が少ないので
あまり、ガブガブは飲まない動物です

こちらが、意図せず、次第に水を飲むようになり
そして、かつ、排尿量も以前より増えたら
それは、病気のサインでもある可能性があります

病気をたくさん飲む時に、考えられる病気
腎機能不全
糖尿病
甲状腺機能亢進症
これがメインの病気
その他、高血圧、腸炎などなど

メインの病気は、血液検査をすれば、その場で分かることがほとんどです

これらの病気は、早期発見が大事
すなわち、これらの病気は、やがて、食欲がなくなり
命を奪うことになります

是非、水を飲むのが多くなったなぁでご来院下さい
特に、糖尿病は、早期発見が本当に大切です

ちなみに、血液検査は、食事を抜いてきていただける方がベストです
ご来院の際は、8時間の絶食をお願い致します

雑談
私は、猫とともに、猫も猫とともに生きています
写真、上は、猫同士の添い寝です
猫はとても愛情に溢れた動物です
私は、子供を出産して、育てていますので
どうやって、猫と共存しているのですかと
聞かれることがあるのですが
やはり、猫とともに生活しているのです

賛否両論あると思いますが
私は、子供と猫を分けて暮らす選択はあまりせず
可能な限り、一緒に暮らしてきました

猫と息子 10年以上前の写真です
DCIM2023 - コピー
DCIM2144 - コピー
DCIM1813 - コピー
DCIM2178 - コピー

今、思うといいとか悪いとか考える理由もなく
猫と息子と駆け抜けた時代でした

この写真を見ると、猫の表情も息子の表情も自然
時の流れを感じつつ、やはり、猫に感謝

傍らに猫がいる幸せ

夜中に、猫らに起こされることがありますが
猫らは、私の子育てに協力してくれた訳ですから
いつでも、どんな時でも、猫のお呼び出しには応じなければなりません

改めて、猫たちに感謝です

スポンサーサイト



那須どうぶつ王国のお話


↑ もちこではありません 動物園のヤマネコです

いつもブログをお読み頂きありがとうございます

本日は、那須どうぶつ王国のお話です

ここは、国内で唯一の猫のパフォーマンスが見られる動物園として
ずっと前から気になっておりました

猫のパフォーマンス
「ザ キャッツ」という名前がついた猫の舞台
保護猫、元野良猫などを訓練しながら、
その個性を活かし、耀く舞台へというニュース記事を読んでから
とても、興味があり、この目で見てみたいとずっと思っておりました

そして、念願かなって、先日、行ってきました

実際、拝見した「ザ キャッツ」
とても、感動しました

猫たちが皆、輝いており、とても楽しそう
また、その芸の完成度も高く、見応えもある

綱渡りのショーの写真↓
PXktiv.jpg

久しぶりに胸が高鳴りました
行った甲斐がありました

猫の可能性がまた広がった気がします

猫のパフォーマンス
素晴らしい試みです
無理矢理、猫にやらせているのではないのが、よく分かります
本当に、猫が皆、輝いていましたので
猫の個性を考えながら、芸を考えて訓練に励むスタッフの皆様
尊敬の念を抱きました

本当に良かったです

その他、猫科の動物も多くいて
また、飼育環境も広々していて
動物が窮屈そうではない
本当に素晴らしい動物園だなぁと心の底から思いました

写真の一番上はヤマネコ

以前から、ヤマネコに似ていると思っている我が家のもちこ↓こちらが本物もちこ
20gjkgk 2

同園で有名なスナネコ↓可愛い
Pgkri.jpg

スナネコは顔が童顔なので
スナネコに似ている我が家の童顔ももちゃん↓
PXldi.jpg

サーバルキャット↓素敵
PXLhdow2.jpg

アムールトラ↓格好いい
kge 2

非常に充実した1日となりました
猛烈な寒波が来た日だったので
極限の寒さに耐えながらの観光でしたが
色々勉強になりました

猫は奥が深いなぁと感心
ショーは、本当に素晴らしかった
感動をありがとうと言いたい!


不在のお知らせです



いつもブログをお読み頂きありがとうございます

本日は不在のお知らせです

3月21日(木) 

終日、お休みとなります
ご迷惑おかけしますが、よろしくお願い申し上げます

本日は、とても暖かいです
すっかり春ということで
写真一番上は、当院看板猫のはるくん

はるくんの姉さん女房 なっちゃん↓
20230617_133610.jpg

二人とも、マイペースに元気に暮らしております

春なので、我が家の女性陣↓もちことふくこ
PXgkfk.jpg

我が家の女性陣は、食欲旺盛
この二人は、悩み事もなく、タフに生きております

春ですから、ウキウキを大切に
そして、猫のように、マイペースで暮らしていきましょう


円山動物園のクレイさんの件

202kgkg013 2

いつもブログをお読み頂きありがとうございます

本日は、全国ニュースになった円山動物園のライオンのクレイさんの件について記します

クレイさんの件を知らない方のために、少し解説させて頂きます

クレイさんは、愛媛県の動物園で生まれたライオン
お母さんが育児放棄したため、人口哺乳で育てられました
その過程で、生後20日くらいの時点で
飼育員の方に、男の子と確認されました

北海道の円山動物園が男の子のライオンを欲しがっていたので
その後、北海道へ養子にだされました

そして、大切に育てられていましたが、見た目が男の子と違うとのこと
遺伝子検査がなされ、先日、女の子と判明したという一件です

ライオンの男の子↓
PXlioj2.jpg
成長とともに立派なたてがみがトレードマーク
顔つきも凛々しく、まさしく男らしい
これは、私が撮影した東武動物公園のライオンさん

ライオンの女の子↓
fjhu.jpg
男の子のようなたてがみはなく、顔つきも柔和
どこか優しげです
これも東武動物公園にて撮影

そして、問題のクレイさん↓
20240229kurei 2

「めちゃめちゃ女の子やん」
と思わずツッコんでしまいました
たてがみもなければ、顔つきも女の子そのもの

しかし、この問題
全く他人事ではないのです

動物園の飼育員の方も言ってましたが
生後20日では、オスとメスを間違えることも多いのです
これは猫も全く一緒
ですから、間違えたとしても不思議ではないのです

飼育員の方も、生後1ヶ月過ぎてもう一度確認すべきだったと
おっしゃてました

猫の世界も全く同じです
生後20日では、分からないことが多いので
必ず、生後60日過ぎてから、最終判断するようにしています

ライオンだと大きくなると猛獣
中々、そういう訳にも(再確認する)行かないのだろうなと
お気持ちを察するばかり

かく言う私も、生後25日くらいで保護した黒猫みーちゃんの性別を間違えました
写真一番上の黒猫さんですが
女の子と思って名付けたみーちゃん
実は、男の子でした 
気がついた時には、「僕はみーちゃん」と認識していたので
名前を変えずに現在に至ります

男の子 女の子 問題
明日は、我が身ととらえ
これからも、気を引き締めて
診察に臨まなければなりませんん

雑談
一人でぐっすり寝ているももちゃん(男の子)
PXfhii2.jpg

気がつけば、もちこがぎゅうぎゅうと
Pghfjk.jpg

もちこ、大好きなももお兄ちゃんと一緒に寝れて良かったね
待ち遠しい春を思いながら、陽だまりのひと時でした

Extra

プロフィール

なっちゃん、はるくん

Author:なっちゃん、はるくん

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR