FC2ブログ

Entries

暑さ対策のお話

DSC05429 - コピー

暑さ厳しき折、皆様、猫様元気にお過ごしですか?

今年の暑さは格別、十分すぎるほど、暑さ対策をしましょう。

猫の暑さ対策については過去の記事↓(2016年7月の記事)をクリック、ご一読下さい。
暑さ対策


過去記事以外のお話として、特に注意していただきたいことは、病院にいらっしゃる時のお話です。
ずばり、車の中が今年は異常に暑い。
病院に向かう途中に、暑さで熱中症になり、開口呼吸になる猫さんが続出しております。
猫は通常、鼻呼吸のみですから、口を開けて呼吸するのはよっぽど暑いか苦しいかどちらかになります。
部屋のエアコンの温度は25~27℃で十分ですが、車内のエアコン温度は20℃くらいにしないと危険です。
暑さと、病院に来る興奮で呼吸数はあがり、身体の温度も上がります。
猫の興奮状態は我々の想像をはるかに超える時があり、真夏でなくても興奮で熱中症になるこもいるくらいです。
病院にいらっしゃる時は、猫様の呼吸状態を十分注意していただき、車内の温度もご配慮頂きますようお願いします。

猫は暑くなると、自分にとって涼しい場所を探し、じっと動かずに身体を休めて過ごします。
その方が、エネルギーを消費せず、暑くならないことを知っているのです。
猫は頭がいい動物ですが、今年の暑さには十分注意が必要かと思います。
特にお出かけの際は、エアコンの状況には気を付けてくださいませ。

我が家の話を少しだけ。
写真は冷却グッズ(アルミプレート)を使うみーちゃん。
冷却グッズを今年は強化しようと思っています。
猫用アルミ鍋、冷感ベットなどなど発注しました。
使用状況は追ってご報告しますね。

スポンサーサイト