FC2ブログ

Entries

とにかく入れ物に入るのが好きな猫のお話

DSC04018 - コピー

本日は単品シリーズ第三弾です。
お気軽にお読み頂ければ幸いです。

単品シリーズとは、我が家の猫軍団から一人を取り上げ、掘り下げこんな猫もいるんだぁということをご紹介させていただくシリーズです。
第一弾は黒猫変わり者みーちゃん
みーちゃんクリックお願いします。
第二弾は白猫さんたくん
さんたくんクリックお願いします。

さて、第三弾でご紹介するのはルイ君です。
ルイはとにかく人が大好きで、そしてとにかく入れ物に入るのが大好きな猫でした。
知らない人が来ると一目散で逃げる猫が多い中、ルイ君は来客大好き接待猫。
数少ない来客が来ると、それこそダッシュで玄関でお出迎え、いらっしゃい、ゆっくりしていって、私かわいいでしょと言わんばかりのスリスリ、ぐりぐり甘えん坊。
そして、来客様のバックや持ち物にも入りたがり、本当に皆から可愛がれる珍しいタイプでした。

どんな狭いところでも入るルイ↓
DSC04134 - コピー
ちなみに子供も本当に大好きで、小さい従妹が泊まりに来ると、決まって添い寝、帰ってしまうと大泣きでした。
ですから、私の息子も溺愛し、いつも一緒にいる写真ばかりを撮っていました。

皆から(他の猫から)も愛されたルイ↓
DSC03594 - コピー

我が家の猫は、みんなをまとめるポロちゃん
みんなの面倒をみるぞうちゃん
何もしないみーちゃん
来客をもてなすルイとバランスの取れたチームワークで成り立っていました。

とにかく入るルイ↓
DSC02914 - コピー

そんなルイくんの命日が先日ありまして、命日の何日も前から、ずっとルイを考えるようにしていました。
考える事は、ルイが突然死したために、もっと一緒にいてあげればよかったとか後悔ばかり。
そんなルイが夢に出てきてくれて私に言ったこと
「僕が輝いて仕事をしていたことを考えて欲しい」と・・・。
息子の面倒を見てくれたこと、お客様をもてなしてくれたこと、みんなに愛を配ってくれたこと
ルイ君が私にもたらしてくれた数々の功績を称えるべき日が命日でした。
後悔ばかりを考えるのは止めなくてはいけないとまた猫様に教えられました。

また、逢いたい、ルイ君に。

この仕事を通じて本当にたくさんの猫様と知り合えるようになりました。
みな違っていて、みな愛おしい、本当にそう思います。
これからもそんな猫様のお役に立てるよう精進してまいります。
微力ではありますが、今後ともよろしくお願い致します。

スポンサーサイト