FC2ブログ

Entries

続 野良猫物語

DSC05931 - コピー

お疲れ様です。
本日は野良猫物語の続編を綴ります。
お気軽にお読みください。

大変嬉しいことに野良猫物語の主人公すずちゃんには反響を頂きました。
その後、元気にしてるのかというお優しい言葉も頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
野良猫物語はこちら↓をクリックお願いします
野良猫物語

すずがオカン(私の母)を突き飛ばし、脱走し、走っていった先の畑で全身に土をまぶしながら
すず「悔しかったらここまでおいで」的なドヤ顔でいたころは写真(一番上)のような表情をするようになるとは思いもよりませんでした。
一度ならず二度もドヤ顔脱走をされた時はさすがの私も悩みました。
しかし、一度ならず二度も家庭猫になりたいと涙の懇願をされた時の方が悩みました。
あと何回これを繰り返すのか、永遠なのか、さんたにはなんて説明すればいいのか・・・。
すずと会話もできず、あちこちオシッコを失敗し、食器の中にまでもオシッコをされた時にはさんたに泣きつきました。

そんな頃とは別人28号になった現在、おかげさまですずはいい子で落ち着いています。
滞在記録ももうすぐ90日を超えますし、脱走を試みることもありません。
猫って変わるんだぁ本当に勉強になりました。

最近のすず
すずVSさんた 息子争奪戦↓
DSC05936 - コピー
すずの方が息子との距離を詰めています。
というかすずの息子愛が止まりません。
猫は、突然動く、大声をあげるなどする子供は基本的に好みません。
中には世話を焼く猫もおりますが、基本的は距離を保ちます。
すずは違うのです。
ずっと一緒にいたい、片時も離れたくないという強い意志を持っています。
昼寝をする息子に寄り添う姿はもはや嫉妬を覚えます。(どっちに?)
ちなみに私には寄り添いません(髪をむしられて終わり)

さんた、私を一番に思ってくれるのはお前だけだよ~とさんたに絡みつく私↓
DSC05965 - コピー

我が家の猫軍団とも少しづつ距離を縮めながら、息子を他の猫に取られたくないというジェラシーという感情も生まれてきたすず。
これからもすずに学ぶことはたくさんありそうです。
ありがたいことにすずは大病もなく元気に平和に過ごしております。
気にかけて頂いている皆様、本当にありがとうございます。

これからもこのブログを通してよろしくお願い致します。
スポンサーサイト