FC2ブログ

Entries

番外 カブトムシのお話



お疲れ様でございます。
本日は番外 カブトムシ飼いませんか?というお話です。

息子の要望でカブトムシと暮らし始めたのが三年前、次第に飼育の腕前をあげてしまい、昨年より自称カブトムシマスターになりました。
今年、産卵、羽化、越冬に大量成功し30匹のカブトムシベイビーがすくすく成長しております。
30匹の成虫と暮らすのは、至難の業、家計を圧迫します。
そこで、もしカブトムシと暮らしてみたいという方がおられましたら、養子にだす決断を致しました。
おすすめは、幼虫からの飼育です。
幼虫→さなぎ→成虫の移り変わりをみるのは非常にエキサイティングです。
興味を持たれたら私の方までご一報ください。
よろしくお願い致します。

カブトムシ雑談
カブトムシ一年目の時は、カブトムシ夫妻、クワガタ2匹計四匹と暮らしておりました。
寝る前に蓋を閉め忘れた所、翌日朝、全員行方不明の事態となりました。
当時は室内飼育でしたので、夜行性のかれらは夜のうちに家のどこかへ隠れてしまいました。
かぶちゃんがいないと泣きじゃくる息子、蓋を閉め忘れた犯人さがしにやっきになるオカン
とりあえず探そうと周囲を見渡すと見慣れないところでさんた(写真)が一点を見つめている
さんた「ここにいるにゃりよ」と私をみる
促されるままに近づくとかぶこちゃん(雌)発見
その後は次々とさんたが教えてくれて、4匹無事に御用となりました。
ちなみにクワガタの雄「いかっちゃん」(いつも怒っているのでいかっちゃん)は三日後に探し当ててくれました。

傷つけることなく発見してくれたさんたに感謝。

私はカブトムシの幼虫の見た目に完全にノックアウトタイプなのですが、人って変われるんです。
幼虫は絶対に無理って、触れないってばみたいな感じでしたが、今ではカブトムシマスターです。
雄と雌を見分けるために普通に触れます。
大切に育てていると愛情みたいなもの湧いてきて、また息子のためにたくましくなりました。

カブトムシマスター今年の夏も忙しくなりそうです。
我が家は田舎、朝になると飼っているカブトムシ目当てに野生のカブトムシがやってきてしまうのです。
朝、家の網戸にはりつくカブトムシ、ノコギリクワガタなどなど。
数はますます増えるでしょう。
どうか、養子に出せますように。
スポンサーサイト