FC2ブログ

Entries

ぶちおくんのお話(お外猫さんのお話)

DSC03936 - コピー
DSC03932 - コピー
DSC03938 - コピー

今日は、近頃我が家の安全を脅かすぶちおくん(仮)のお話です。

ぶちおくんは多分100m先のご近所さんがお外で飼われている去勢していない男の子です。
このぶちおくん、戦闘能力100(我が家の猫は温室育ちの坊ちゃまなので戦闘能力10)の強者です。

珍しく二人で並んでお外番だなぁと思っていたら(写真上)、突然何かを見つけた様子(真ん中の写真)です。
そして、ぶちおくん登場(一番下)、しかも至近距離、慌てて身を潜めて隠れる二人、この時点で軍配ぶちおくんです。
写真の二人はお外番担当の割にパニック男子なのでこの後が大変、身内同士なのに二人でコッペパンチの応酬、ダッシュ、奇声あげて、ダッシュの繰り返し、かなりの心身的ストレスです。
このぶちおくん、これで終わらないで窓ガラスに体当たりして、挑発行為を繰り返し、最後は窓におしっこをかけていくというありさまで、本当に困ってしまいます。
昨日は網戸を開けようとするぶちおくんと、そのぶちおくんに果敢にもケンカを挑もうとするさんたくん、網戸を開けられたら終わりだと慌てる私でそこは戦場でした。(ちなみに午前2時)

さんたくんは心身的に疲労して、あちこちにおしっこ失敗するし、身内の猫同士はぎくしゃくするし、網戸ロックのチェックには気を使うし、我が家はぶちおくんショック状態です。

行動学的対策としては、ぶちおくんを見えなくするしかない(窓を閉めてカーテン)のですが、この陽気、熱中症になりかねません。
一昨年までは愛犬さくら35kgが元気だったので、外猫さんが来ることがなかったのですが、さくらが天国に行ってからは、外猫さんが平気で我が家の庭を歩くようになりました。
歩くだけなら我慢できるのですが、ぶちおくんの挑発には困りました。
我が家の猫が無視すれば、ぶちおくんも面白くないから来ないと思うのですが・・・。

一番下の写真は興奮のあまり尾をパタパタ動かすので、息子が面白がってる様子です。
息子よ、お外猫さんは気にならないかい?

ぶちおくん対策考え中。妙案が思いついたらまた報告します。
スポンサーサイト