FC2ブログ

Entries

爪と爪とぎのお話

猫にとって爪、それは大事な大事な宝物、何故なら肉食動物である彼らにとって爪は武器だから。
今日はそんなお爪のお話とそんな爪をお手入れする爪とぎのお話です。

猫の指は前足に5本、後足に4本あり、それぞれの爪は出し入れが自由自在です。
狩りの時に足音を消したり、摩耗を防ぐために普段は指の中に収められていますが、いざ必要な場面になると、筋肉を収縮させて爪を出します。
また爪は何層にもなっていて、内部に新しい爪が作られます。
猫が自分で爪とぎをしたり、歯でかじったりすることで、古くなった爪が鞘状に脱落して内側から鋭い新しい爪が現れます。
従って、猫にとって爪とぎは正常な行動です。
また、足の肉球から分泌されるフェロモンを爪とぎのときに放出するため爪とぎはマーキングの役割もあります。
自分の爪を鋭く磨き上げ、自分の匂いをこするつける爪とぎは猫にとって至福の時間となるわけです。

爪とぎは正常行動ではあるものの、あちこちの柱にされては困りもの、爪とぎは爪とぎでして頂きたいと願うのはこれも人間として当然です。(うちは家族が増えてから秩序が乱れてあちこちで爪とぎをされてます)
適切な場所で爪とぎをしてもらう対処法としては
1猫が気に入る爪とぎを準備する
 布製、段ボール製、麻製、好みは様々です。
 堂々の第一位は段ボール製ですが、猫の好みを見つけることが大事になります。
2戦略的な爪とぎの配置を心掛ける
 「お、こんなところに爪とぎが・・・」と思うとウキウキするらしいです。
 一か所にこだわらず、何か所にもおいてみましょう

また、爪とぎを過剰にしている、爪を噛む動作が増えるなどはストレスが増えたサインでもあります。

このように爪とぎはさまざまな意味合いがありますので、是非愛猫さんの爪とぎを観察してみて下さい。



ルイくんの爪とぎシーンを激写、とても高速に動いているのでぶれまくり

DSC04340 - コピー
我が家の柱、これぞ芸術品と言うべき爪の跡(笑)

DCIM0382 - コピー
秩序が乱れているのはこの双子兄弟で、この双子はどこでも爪とぎをします。
双子の教育係のさんたくんが甘かったのかなぁと思ってみたり。
スポンサーサイト