FC2ブログ

Entries

網戸にはご注意を

DSC04667 - コピー
DSC00029 - コピー
DCIM2045 - コピー

季節はすっかり初夏、爽やかな風が心地よい季節となりました。

網戸にすることも多くなるかと思いますが、基本的に猫は網戸を開けることができますのでご注意頂きたいと思います。

我が家のように室内100%で暮らしている猫にとって、誤って外に出ることは非常に危険なことであります。
猫は好奇心旺盛な動物で、かつ人が開け閉めしてる様子を学習するため、網戸をあけてしまうことはお手のもの。
時には窓ガラスも開けられる猫もいますし、ドアノブも開けられるこもいます。

我が家では、人がいない時には網戸にしない、網戸にするときはサッシロックなるもので開かないようにしています。

網戸にまつわるこぼれ話

1 ロックのし忘れを見ていた猫

酔った父が網戸のロックをし忘れ、それを偶然みかけたぞうちゃん(写真一番上の黒猫)が、めざとく網戸を開け、半身外に出たところで、私に発見され捕獲。
半身外に出たことがとてもエキサイティングな出来事だったらしく、またロックし忘れがないか以降一ヶ月近く酔った父に尾行し続けるぞうちゃんの姿がいかにも猫らしかったです。

2 ぶちおくんカムバック

去年の6月と8月のブログに紹介した、野良猫ぶちおくんの続編です。
ぶちおくん、9月に三毛猫姉さんと一緒に歩いているのを見かけたのを最後に今年の4月までぱったり姿を見かけなくなりました。
我が家の安全を脅かした驚異の猫、戦闘能力レベル100、のぶちおくん、どこか海外遠征にでも行ったんだねと寂しさも感じながら我が家に平和が訪れホッと安心をしておりました。
しかし、その日は突然訪れた・・・。
「キャー」という雌猫ふくださんの悲鳴、駆けつけると網戸にスパイダーマンのように張り付いたぶちおくんがいるではありませんか。
そして、このぶちおくん、私を見たら、網戸から降りて逃げるのかと思いきや、助走をつけて再度網戸に激突してきました。
今度は「ギャー」という私の悲鳴、さすがに私も恐怖を感じ、ぶちおくん、ふくださん、私、固まってしまっていたら、我が家の頼れる用心棒ぞうちゃんがものすごいダッシュで加勢に駆けつけてくれて、ぶちおくんを気迫で一蹴、事なきを得ました。
網戸こわれるがなと思いながら、ぶちおくん戻ってきたんだ、そして去年より確実に力をつけている、さすが遠征先から帰ってきただけあるなぁと半ば感心してしまいました。
ということで、外猫さんからの侵入も防ぐためにも網戸には気を付けなければなりません。

2013年に天国に旅だった愛犬さくらがいたら、猫たちを守ってくれたんだけどなぁと思いながら、さくらに思いを馳せます。
写真二番目はさくらさんとポロちゃんとルイちゃんです。
猫は犬が苦手ですから、一緒に暮らすことを強く勧めることはありませんが、我が家のほとんどの猫たちが、さくらの散歩中に発見し、さくらが「拾ってあげなよ~」と私に言い、そして猫には「一緒に暮らそうよ」を鼻を突きだして挨拶したため、さくらさんに命を救われた猫たちなのです。

さくらさんは、本当に私たち家族を守ってくれました。

皆様も風通しが良くなるこの季節、ちょっとした隙間からでも脱走することがございますので、ご注意いただけますようお願い致します。

スポンサーサイト