FC2ブログ

Entries

猫の鼻の頭が黒い理由

DSC05460 - コピー
DSC05465 - コピー
DSC05322 - コピー
DSC02982 - コピー



いまいちパッとしない天気ですが、お変わりなくお過ごしですか?

今日はさんたくんの夏の恒例行事「ぼく、鼻の頭が黒くなりました」について考察します。

写真一番上のさんたくん、夏だけ鼻の頭が黒くなります。
上から三番目の写真は冬のさんたくん、鼻は素敵にピンクです。
何故だかわかりますか?

答えは網戸になったから。
詳しくお話します。
さんたは我が家のセコム担当です。
日がな一日外を見張る仕事をしているわけですが、そのお仕事中に鼻が網戸にくっつくのです。
ちなみに仕事風景の写真は一番下です。
刑事の張り込みばりに窓にくっつくので、網戸になるとてきめんに網戸の汚れを鼻につけるのです。
また外のほこりも網戸を通じてくっつけます。
窓はキレイだけど網戸はほこりや汚れがどうしてもついてしまうので。

我が家には白猫が現在4人いるのですが、現在のセコム担当はさんただけですから、二番目の写真のももださんは夏でも写真のようにきれいな鼻です。

鼻の汚れは労働の証、頼もしいぞ、さんた。

夏場限定の鼻の汚れはこのような原因が考えられますが、鼻の頭にできものができた、傷があるなどの理由はまた別にありますので、診察が必要になりますから、ご来院くださいね。

外を見張るお仕事については過去のブログをご参照ください。
2015年2月の記事 「猫は本当に外に出たいの?」に詳しく記載しております。

我が家のセコム担当はさんたが家族になるまではぞうちゃんのお仕事でした。
ぞうちゃんが高齢になってきた頃、さんたが我が家にやってきて、その時のぞうちゃんの嬉しそうな顔が今でも思い出されます。
「自分の代わりにセコムをやってくれる若造がきた」という心境です。
ぞうちゃんはさんたの養育係をかってでて、プロレスごっこやらマラソンやら徹底的に体を鍛えて、見事さんたをセコム担当に仕上げました。
そのさんたの一年後に家族になったももださんはもうセコム担当者さんたがいるので、仕事する必要がなく、甘やかされて赤ちゃんのように育てられたため、今でも甘えん坊なだけのキャラです。

「一年違うだけなのにずるい」とさんたの声が聞こえてきます。
さんたは寝る間も惜しんで、鼻が真っ黒になるまで、家族の為、家を守るために外を見張るお仕事をたった一人でこなします。
ももだはいつも寝るか、食べるか、遊んでいるか・・・。

猫っておかれる環境によってこんなにもいろいろ違うものなんだなと我が家のめんめんをみて思います。
さんたが気の毒に思われるかもしれませが、さんたには特別私のほうから愛情を多めに注いでいますからご安心下さい。

鼻の汚れで話が膨らんでしまいました。
本日もお読み頂きありがとうございます。

熱中症にはお気を付けくださいませ。






スポンサーサイト