FC2ブログ

Entries

猫のストーキング

DSC03553 - コピー

秋晴れが爽やかな今日この頃皆様お元気ですか?

今日は猫に、あちこちついて回られる現象通称ストーキングについて考察します。

飼い主様がお風呂に入れば、ドアの前で待っている、トイレの前で待っている、飼い主様のお出迎え、お見送りは毎日、ずっとウロウロついてくるこんな様子を猫にストーキングされていると表現することがあります。

思い当たる飼い主様にまずは申し上げたい「あなた様はその猫様に選ばれて愛されているのです、ご当選おめでとうございます」という状況です(笑)

では、その気になる深層心理を・・・。

細かい部分はその猫様の置かれている環境によって違いますので、大概的にお聞きくださいね。
まずは、ストーキングには二種類あるようです。
一つ目、これが一般的な方ですが、飼い主様が大好きな故について回り、そして自分の気持ち(要求、不安など)を分かってもらいたいタイプです。
二つ目は、母性からのストーキング、ついて回る相手を子供のように思い心配してついて回るタイプです。

我が家の場合、一つ目のタイプがお福の方(女の子、6歳)とルイくん(男の子、12歳)です。
二つ目のタイプが、さんたくん(男の子、7歳)、ぞうちゃん(男の子、14歳)です。
他の面々は多少はついて回ったり、かまってくれとお話はしますが、特に抜きに出ていません。

二つ目の理由は簡単です。相手が心配だからです。
さんたくんは私の息子をストーキング、自分は息子の父親だと思っているので(本気)、本当に置いて行かれると泣きます。
息子の靴下をくわえて、泣きながら家の中をウロウロする姿は悲壮感に漂います。
ぞうちゃんは可愛がってる弟分猫をストーキング。
姿が見えないと「あお~ん」と泣いて呼びつけます。

一つ目のストーキングの気持ちは多岐にわたります。
例えば、性格が甘えん坊だったりすると、単に甘える手段がストーキング、私をかまって、可愛いって言ってよとか。
次に遊びの要求、猫は狩猟動物ですから、実は犬よりは遊びの要素が重要です。
勝手に遊ぶだろうと思いがちですが、しっかり遊びの時間を一人一人作ってあげることが必要です。
詳しくは2016年6月の記事 「猫が喜ぶ遊び方」をご参照下さい。
そして、複数猫様と暮らしいるおうちですと、他の猫様に愛情を取られた、自分に目を向けて欲しいという不安の表れだったりします。
こういう場合は、「大丈夫、あなたをちゃんと見てるから」と大きくゆっくりと落ち着いて愛情を示すことが重要です。

ちなみにこういうストーキングをされたりした時に、よしよしでは構ってあげようと抱っこしてみてもピチパチ跳ねて抱っこは嫌がるものなのですが、その理由は
2017年3月の記事 「猫と抱っこ」の記事の通り、猫はほとんど抱っこがお嫌い!だからです。
ストーキングしてまで言いたいことはもっと違うのに、いきなり苦手な抱っこをされてウキー的な気持ちです(笑)

いずれにしてもこのストーキング、愛情深い猫様によるありがたい行動なのです。
過度に心配してずっとついているのもお勧めしません。
猫にも分離不安症は存在するからです。
適度に接しながらも、愛情の再確認、その猫様の言いたいことを今一度考えてみるのもいいかもしれません。
単にお腹すいた~かもしれません(笑) 看板猫なつみちゃんはこのタイプ

不安に思うことがありましたら、ご相談下さい。
 
また、本日の内容は、飼い主様のリクエストにより書き起こした記事になります。
ムギママさん、こんな感じで大丈夫でしょうか?
粗末な文章ですみません。

また、他の飼い主様もリクエストがありましたら、これからもお答えしていきたいと思いますので、もし宜しければ記事内容の要望を病院までお手紙下さい。

朝晩の冷え込みが始まりました。
猫がどっしり布団にのる季節の到来です。
スポンサーサイト