FC2ブログ

Entries

猫の犬との同居のお話

さくら

今日は同居のお話です。

猫と犬は全く違う動物で、かつ生活パターンも異なることから、猫にとって同居を成功させることは猫との同居よりも難しいと一般的に言われています。
しかし、私自身もついこの間まで猫と犬が同居してましたし、仲良く暮らしているよ~という飼い主様も多くおられます。
ですから、成功しやすいポイントをご紹介します。

猫と犬が違う生き物だということをよく理解すること
犬は昼間に活発で飼い主に従順であり、猫は夜が活発でマイペースを好む

猫と犬がともに子供だと成功しやすい
特に猫が子猫であると慣れやすい

別々に暮らせるような場所を確保する
特に猫の避難場所があるといい

食餌の時は必ず別々 などなど

猫は犬が苦手であることが多いです。
同居の際は無理のない、猫にとってストレスとならないよう考えて頂けたら幸いです。

さて、ここからは我が家の犬猫事情です。
写真は愛犬さくらです。
さくらが来るまではポロちゃんが家の中に一人で暮らしておりました。
詳細は語りませんが、先代の犬で、後悔の塊みたいなものが私の中でありまして、もう一度、超大型犬が飼いたかった私はポロちゃんに頭を下げてお願いしました。
「お願い、家の中でもう一度大きい犬を飼ってもいいですか?」
先代の犬と同居の経験があったのでポロは快諾してくれました(多分・・・)
そして、ポロちゃんとさくらの同居が始まり、ポロはさくらを我が子のように可愛がりました。
しかし、さくらは生後4か月で15kgを超えてしまいまして
ポロ「私にはどうにもならないわ」と育児放棄された所で、散歩中にぞうちゃん一家を拾いました。
以降、ぞうちゃん、みーちゃん、ルイくん、さんたももふくたちはみんなさくらの後にきた子猫でしたので、我が家の場合は同居が可能だったと思われます。
猫にとって、さくらは小さいときから家の中に一緒に暮らしてましたので、ストレスとはならなかったようです。
ぞうちゃんとさくら↓
DSC00129.jpg
また一階がさくらのスペース、二階が猫らのスペースと分けて暮らしていました。
時に一緒のスペースでもリラックスできるポロとルイとさくら↓
DSC00029 - コピー

さくら満開の季節に我が家にやってきたさくら、ぞうちゃんを始め数々の猫を拾ってくれました。
さくらがいなければ、ポロちゃんにとって待望の相棒となったぞうちゃんとも出会えませんでした。
晩年は癌との戦いでしたが、息子が生まれて、安心したように天国へと旅立ちました。
さくらを車に乗せてどこへでも行きました↓
sasasakura.jpg

私は無類の猫好きですが、さくらとの出会いがなければ、たくさんの猫との出会いもありませんでした。
犬もまた私にとってかけがえのない存在なのです。

奇跡の出会いの連続で、今の私があります。
出会ってくれてありがとう。
これからも、たくさんの出会い一つ一つを大切に生きていきたいです。
スポンサーサイト