FC2ブログ

Entries

猫にまつわる事件簿

DSC04718 - コピー

こんにちは。
今日は猫にまつわる事件簿と称しまして、こんなことって起こるんだというお話をしたいと思います。
好評であればシリーズ化致します(笑)。

~猫って網戸開けられるけど、野良猫も外から開けるんだというお話~

昔、家の周辺あたりの外猫を恐怖に陥れた史上最強のボス野良猫が私の近所にいました。
きじお(仮名)は、とても大きくケンカも強く、きじおがいるようになってからこの地区の野良猫が移動したといわれる程の屈強ぶり。
ある日、家にいたらお風呂場のあたりで聞いたことのない猫の悲鳴が、慌ててお風呂場に急行すると
なんときじおが格子がある窓の網戸を開けて我が家に入ってきたではないか・・・。
きじお見たぞうちゃんが体中の毛を逆立てて悲鳴をあげている
そしてきじおもものすごい形相でぞうちゃんを襲おうとしている
猫といえどもきじおはすごい、私の手も咬みそうな勢いで、何とかして外にいっていただかなくてはと半泣きでウロウロしていると
白い弾丸がきじおにぶつかっていきました
白い弾丸ともみくちゃになりながらケンカするきじお
情けなくも悲鳴をあげる私、なんと白い弾丸は若かれしころの我が家の猫ポロ(写真一番上)でした。
ポロはきじおに手が出せない私をしり目にぞうちゃんを救うべく、迷うことなくきじおに戦いを挑んだのです。
すぐさま、勝敗はポロにあがり(ポロは本当に強い猫でした)、急いで網戸から逃げるきじお、ここで一件落着かと思ったら・・・。
止める間もなく、網戸をしめる間もなく白い弾丸はきじおを追いかけて外に飛びだしていきました。
ポロは外に行ったことなんてないのに~と追いかける私。
しかし、きじおを追いかけてはるか彼方に消えていく後ろ姿だけが見えて、その後消息が途絶えました。

事件簿 格子がある窓の網戸でも外から開ける野良猫がいるので注意しよう

その後のお話
ポロの捜索は夜を徹して行いましたが見つからず、涙、涙の毎日
あの時、私が迷うことなくきじおと戦っていれば、なんて情けない飼い主何だろうと。
そして五日目の深夜、二階で寝ている私
「にゃ~」 と鳴き声
すぐに起きてカーテンを開けると部屋の前のベランダにちょこんと座ったポロ
ちょっと痩せたけど無傷で帰ってきてくれました。 

その後、きじおは1km先の隣地区へ引っ越し、平和が訪れました。
きじおがいなくなってので夏場だけ網戸にしましたら、外の監視を怠らなかったポロ↓

DSC00287mi.jpg
写真は実際きじおがはいってきた網戸です。
ガムテープで開かないようにした網戸、その後5年間くらいは時期が来るとよく外を監視してました。
下で一緒に見てるのが助けられたぞうちゃん、二人は親子以上の絆がありました。↓

DSC00369 - コピー

15年前のお話ですが、今思い出しても鮮明に残る記憶です。
ぞうちゃんが無事で、ポロが帰還してくれて本当にラッキーな出来事でした。
皆様も網戸の季節、気を付けて頂ければと思います。

戦士だったポロ↓
DSC03416 - コピー
ポロにはたくさん助けられました。
そんなポロは、昨夏天国へと旅立ちました。
私は今あなたに恥じないような生き方をしているでしょうかと夢の中でポロに話しかける今日この頃です。
スポンサーサイト